ワキガも臭う場所もいろいろ!呼び方もいろいろ

ワキガのにおいの原因は汗腺(アポクリン腺)です。
この汗腺(アポクリン腺)は身体のいたるところにありますが、中でもそれが集中している部位があります。
それは

耳の裏
乳首まっわり
デリケートz-ン
なおです。
それぞれ
脇が臭う「ワキガ」
乳首まわりが臭う「チチガ」
デリケートゾーンが臭う「すそわきが」
と呼ばれています。

一般的にニオイでお悩みが多いのが「ワキガ」ですが、これは黒人・欧米人などに多くm、意外とい日本人には約10人に1人しかいないと言われています。
10%が少ない?
と思われるかもしれませんが欧米人はもっとワキガに人は多いのです。

これらは遺伝も大きく影響いしているといわれていて、人よりもアポクリン腺という汗腺が多かったりその働きが活発であればワキガになってしまうのです。

このアポクリン腺というのは毛穴にある大きな汗腺のことで思春期の頃から成長してくるといわれています。
ですから幼い子供に少ないのはそのためです。
しかし、多感な思春期に発症するからこそみなさん悩みは深いのです。

また毛が濃い人ほどアポクリン腺が大きいと言われています。
腋毛や陰毛がボーボーの人は気をつけて自分の臭いはチェkすひておきましょう。

そもそもこのワキガ臭は普通の汗のニオイとは異なります。
それはアポクリン腺から出された汗と皮脂のがお肌の上にある常在菌によって分解される時に発生する独特のニオイなんです。
ですから、このアポクリン腺から分泌される汗と皮膚にある常在菌を制すれば熱い程度ワキガ臭は抑えることができます。
こまめにニオイが発生する部位を抗菌作用のあるデオドランド商品でケアすることをおすすめしますい。
汗wくぉか居たらすぐに拭く取る
これが大切なんです。

しかし、脇だけでなくデリケートゾンの和k身が
通称すそわきがとい合われるワキガは厄介です。
いくらケアが大事と言われてもそうこまめに拭き取ることなんかできませんからね。
ですのですそわきがの場合はそれ専用の消費運もたくさなるのでうまく活用してみてください。
インナーブラン デリケートゾーン

投稿日:
カテゴリー: 未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です