ゴミ屋敷からモノを捨てられたら次は収納のやり方を考えて

ゴミ屋敷の中のモノ
いかに不用品だらけであったか?
は実感できたはずです。
私たちは、いかにたくさん使いもしないもの=不用品を溜めこんできたのか・・・
それに気づけたのなら次は収納のやり方にも工夫をしていきましょう。
不用品の収納にどれだけの場所がとられていたのか?
やっと片付いたゴミ屋敷の部屋がいかに広いかが再認識できたはずです。
これからはもう二度とゴミ屋敷に後戻りしないために収納が大事なのです。

焦る必要はありませんgは、。不用品の処分ができたのなr田少しずつ部屋をスッキリさせていきましょう。
不用品の処分の次は上手な収納にチャレンジです。

押し入れ
クローゼット
収納棚
その奥に押しやられていた見えなかったモノたちが見えるようになったことで
自分の所有しているモノの量がわかったはずです。

今度こそ、必要なものと不要なモノをきちんと把握してゴミ屋敷にならないように常に気を付けなければいけません。

あなたお部屋のモノに住所をつけてあげましょう。

「どうしていつもこんなに散らかってしまうんだろう?」
そう嘆く方にお勧めしたいのがモノに住所を付けてあげることです。
散らかっている部屋というのはつまりモノがどこへ戻せばいいのかわからない状態なの得dす。

片付けと称して、いくらモノをあっちこっちに動かしても最後の定位置が決まらなければ永遠に片付かないのです。

収納はまず、モノの住所(定位置)を決めることから始めましょう。、
最初はおおざっぱでもかまいません。
なぜなら
使ってみないと
そこに置いてみないと
モノの定位置がわからないからです。
モノの定位置とは変化して当然です。
よく使うものはすぐに取り出せることろ
めったに使わないモノは奥深くでもかまわない
その塩梅(あんばい)が重要ですし、難しいのです。

ただ、「使ったモノは必ず元の場所に戻す」
こんもことだけ心がけていればかなり部屋の中は片付きます。

収納のコツはまさにここがポピントなのです。
ゴミ屋敷 脱出

投稿日:
カテゴリー: 未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です