薬剤師に期待されるヘルスケア政策|調剤偏重からの脱却

急速な高齢化の進行から先送りできないm、音大から薬剤師薬局業界の変革も芋とい目られています。
医療機関の分化やと連携、地域包括ケアシステムの構築、制度采井の効率化
など現状のいんg対処法を主体とした薬局業務から
在宅業務への関与も求められてきています。

今の日本では約5万60000件もの薬局があります。
その経営主体もさまざまです。
しkまし、その多くが調剤以外のスペースなどがなく、「@処方性が無ければ入れない店舗」と一般の方には認識されています。
そんな理由で日常の健康管理の相談に行く方なんてほぼいません。
また、そこに常駐している薬剤師も
「我々の仕事は調剤であり、一般医薬品やサプリメントは知らない」
「我々の仕事は調剤であり、モノ売りの仕事ではない」
というプライドもあるでしょう。
ですので、薬剤師や薬局業界の意識改革は簡単ではありません、
しかし、政府がそのあたりの業務も薬剤師薬局業界に期待している傾向にあるので、薬局薬剤師業界もそんなことは言っていられません。
病院の門前薬局ではなく、自宅の近くの便利なドラッグストアでも調剤薬局スペースを多く設置しているところも多くなってきています。
ですので、そんなことを言っていると生き残りすらできない時代にや曲業界なのです。

薬局本来の「調剤専門」という在り方を考え直いさなければなりません。

そんな状況ですから「社会保険」だけでなく「社会保険外」についても関わっていかなくいてはいけません。

日常の健康管理や疾病の発症防止の面から「社会保険」内のことだけでなく「社会保険外」のことにも薬局での薬剤師は関わっていかなけれっばならないのです。
これに関して
この一環として20144年の行為政労働省予算に盛り込まれたのが薬局を「健康情報拠点」とする考えっ方です。
このように薬局薬剤足業界にはたくさんの数やタイプがありますが、疾病治療から健康管理機能までトータルにケアできなければならなくなりました。
薬剤師 子育て 働き方

投稿日:
カテゴリー: 未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です