子供の夢を実現させるためには目標を書かせなさい

受験に奇跡は置きあm線。
「受かる子供」は試験前にわかるものです。
「うちの子だけで・・・」
親バカな気持ちは理解できるんもですが、受験でそうそう奇跡は置きあm線。
合格不合格の結果は、非常なまでに模擬テストの結果通りのことがほとんどです。
模擬テストで志望校の合意ラインの偏差値を一度もとったことがない子供が、実際に試験で受かる可能性は限りなく低いのです。
この厳しい現実を、子供よりも親のほうが受け入れていないケースも少なくありません。

受験生の子どm、尾を持つ親はこのことを受け入れなくてはいけません。
それを受け入れれば子供に毎日の勉強の仕方を教えることが出来るでしょう。
模擬テストの結果は毎日の勉強の積み重ねの結果です。
厳しいですがそれが今の子供の実力なのです。
当たり前ですが、毎日の勉強を積み重ねてきた子供だけが志望校合格という結果を得られるのです。

日々の勉強ににおいて重要なのが【目標設定】です。
目標設定ができていなければ、それを手に入れることはできません。
目標を設定してして初めて、しれぶむかってのい意欲と行動が生まれます。
元気のない子供
やる気のない子供
彼らには明確な目標がないことが多いのです。
目標を明確にして、子供に言い方は悪いですが欲望の炎を燃やしてあげましょう。
「欲望の地から」
それが「意志の力」にもなるのです。

しかし、目標の設定を間違えるとうまくいきません。
毎回特定の教科だけ良い偏差値をとっていても、いずれかの教科で死っぽいしていませんか?
模擬試験に向けて偏差値の低かった強化を中心に勉強した結果、そ祖の教科の偏差値が上がるのはある意味当然の結果です。
むしろその苦手教科克服のために勉強したことが、得意教科の偏差値が下がっては元も子もないのです。
これは、もともとの実力になっていないからそんなことが起こるのです。
特定の教科で志望校の偏差値をクリアしているからといって、本番の入試では全教科がうまく必要以上の偏差値をたたき出すことはないのです。

子供以上に親が冷静な分析をpしなければならないのです。
ソラノメ 口コミ

投稿日:
カテゴリー: 未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です