男の1人暮らし教育

息子の大学進学が無事決まり、あわただしく準備が始まった。
どのあたりに住むのか。土地勘が無くコロナ渦ではあったけど一旦現地に行って調べてみる事にした。
息子は晴れて念願の大学進学と一人暮らしに浮かれて、住むところなどどこでもよさそうな感じ。老婆心といいますか、私は色々気になってしまい時間が無いのに悩んでなかなか決まらない。コンビニが近いとか、駅が近いとか言い出すときりがないけど、大体のよさそうな所にやっと決まった。それからは家電や家具などを近くの電気屋さんとホームセンターなどで購入して搬入日まで取り置きをお願いして一旦地元に戻ってきた。上京まで約1か月あるのである程度の家事や炊事などを叩き込むことにした。
まずは洗濯。
洗濯機すら回したことが無かったのには驚いた。同時にかなりの反省・・・。洗濯1つとっても色物と白を分ける。色落ちするものやジーンズなどの洗い方まで1週間は洗濯のレッスンをした。洗剤や柔軟剤の入れ方、先に手洗いしてから入れるもの早送りで教え込んだ。どれだけその情報が使われるかわからないけど一通り生活していくノウハウを教え込んだつもり。

コインランドリーという手があるけれど、節約するならやはり家で洗濯するのに限ります。ゆくゆく結婚などを考えた時にでもできないよりは出来た方がいいし、今どき何もしない男子などもってのほかだと思うので未来の奥さんの為にも今はちゃんと教えておかなければ!と謎の使命感で教え込むことにした。

洗濯が出来たら干す工程も教えなければいけなかった。ハンガーにかけ方、タオルはパンパンと広げてから、Tシャツの干し方、など。全く何も知らない息子にめまいをしながらそれからの毎日は洗濯仕事は息子担当になった。

日々の洗濯はできるようになってきたけど・・・。問題が出てきたのが布団。絶対布団をもってコインランドリーなんか行かないだろうし、交通手段が電車のみ。なのでさすがに布団だけは定期的にこちらから依頼して今どきの家から送ってクリーニングしてもらい出来上がると自宅に届く画期的な布団の宅配クリーニングを使ってもらうことにした。クリーニングモンスター 送料 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です