猫の予防接種は定期健診代わりと考えてくださいっ節酒

子猫をと飼いだしたら
2ヵ月すぎに最初の予防接種を行い
その後 1か月後に2回目の予防接種を行います。
以後は毎年1課一ずつの追加節酒をするのが良いのですが、最初の子猫時代の2回で終わらせてしまう飼い主さんがとても多いです。
仮に生後2か月以上の猫を保護した場合でも、すぐに1回目の予防接種をおすすめします。

子猫が持っている免疫は母猫のお乳から得るものです。
抵抗力のない子猫が「免疫力を得る自然の仕組みなのですが、免疫を持っているうちに予防接種を行っても効果が小さいのです。
だからその免疫が落ちてくる2ヵ月目くらいがちょうどいいのです。
それでも最初の免疫が残っていることもあるので1か月後くらいに再度予防接種を行います。
これで免疫は確実に得られます。
ただ、免疫が持っていない母猫の場合は、そのお乳を飲んでも面せ液を子猫は得られません。
母猫が予防接種をしたことがはっきりわかっていればいいのですが、そうでない場合は万一のことを考えてあまりその子猫を他の猫と接触する機会は控えた方がいいでしょう。

そして、成猫になっても年に一度の予防接種をして欲しいのです。
年に一度くらいは愛猫を儒医師に診てもらう
予防接種をその大事な機会にしてはいかがでしょうか。
その時に気になる日頃の行動や体調を相談すると獣医師は的確なアドバイスをしてくれます。
愛猫が病気で亡くなるのは、よく発見が遅れて手遅れの場合が多いのです。
愛猫になにかあった場合、かかりつけの獣医師がいるのはとても心強いことにもなります。

愛猫も年齢を重ねるとどこかしらの身体に異常が現れます。
また飼い主の飼い方でも愛猫の健康瘀は大きな影響があります。
そんな子細な変化を見逃さずに見つけてくれるのが獣医師です。
これかrたも長くその愛猫と暮らしていくのなら
予防接種の機会は定期健診と考える
そんな考え方なら毎年一度の予接種を受けさせる気持ちにもなります。
愛猫が健康と長生きは
飼い主と獣医師の二人三脚なんです。
にゃんがーどの口コミ|クソ高い値段の価値は本当にあるのか?

投稿日:
カテゴリー: 未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です