成功している人はみんな自分の力だけで成功していない

あなたのまわりで成功している人を見渡してみてください。
そうすると
「なんであいつが・・・」
と思うことってありませんか?

別に自分よりも能力が大きく優れているというわけでもないのに・・・
そんな不思議な人って、まわりにいるものです。

でも、よ~く気を付けて観察してみてください。
そんな人に限ってまわりの人をうまく使いこなしているというか味方をたくさん持っていませんか?

本人が師と仰ぐ人もいるでしょう。
なんでも相談できる同僚や上司の場合もあるでしょう。

では、どうしてあの人にばかり手を差し伸べているのでしょうか?
それはやはり成功している人はみんな気配りが美味い
といえるかもしれません。

気配りといっても、ただお世辞やおべんちゃらを言うことではありません。
それを相手が受け入れるタイミングと用意が出来ている時に行うことが重要なのです。

人が困っていて助けを求めている時こそすっとさりげなく手を差し伸べる
それが気配りです。

人間は貸し借りの感情があります。
また返報性の法則といって人は受けた恩を返さないと気が済まない
という性質もあります。

その人が
なにに?
どんな府に?
駒ているか?
それはいつもまわりの人間を注意深く観察していなければなりません。
成功している人ほどそれをまるで無意識用に行っています。
決して恩着せがましくなく
その人が本当に困っている時にぜつみょのタイミングで手を差し伸べているのです。
それが仕事の手伝いんことあります。
会社の経営者なら資金繰りなどお金の場合もありあmす。
儲かっている時の1千万円よりも苦しい時の100万円のほうがよっぽど助かるものです。

そんな気配りをしている人には協力者がどんどn集まってきます。
あの人のためなら・・・
みんなそんな気持ちでその人のことを助けたいと思うのです。

成功者たちはみんなまわりにたくさんの協力者や見方がたくさんいます。
それが成功の秘訣でもあります。
ぜひあなたも損得勘定に囚われずに、まわりの二兎たちを観察して気配りができるようになってみてください。
それはあなたに何倍にもなって返ってきます。
ささみサロン

投稿日:
カテゴリー: 未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です