亡くなった母の遺品を残しておく娘に父親の気持ちは?

一概には言えませんが、高齢のご夫婦の場合
・夫を亡くした妻の精神的ショック
よりも
・妻を亡くした夫の精神的ショック
のほうが多きような気がします。

特に娘の場合は父親の気持ちがよくわからないこともあります。

妻を亡くした高齢の父親
子供hが住むがいるがもう嫁いで別している場合
一人暮らしの父親の気持ちを娘はきちんと把握しているのでしょうか?

実家は高齢の母親が亡くなってからもう数年経っているのに
今も母親が住んでいた時と同じように日用品や洋服がそのままにされています。
今でもまるでお母さんが生きているかのようです。

むすめさんたちからすれば
「お母さんも物をそのままにしているのはお父さんが寂しがるから」
と考えているからかもしれません。
しかし父親の本心はどうでしょうか?

「妻の物が目の前にあると思い出し辛い・・・」
そんな場合もあります。
娘さんたちが良かれと思っていたことが逆にお父さんからすれば辛い仕打ちということもあるのです。

①娘はとかく父親の気持ちが理解しずらい
②父親と会話をして父親の気持ちを理解する
③娘だからこそ父親でにできることもたくさんある
そのことを理解しておいてください。

特に一人暮らしになった父親と娘との会話はとかく少なくなりがちです。
昔気質の父親ならば、より一層のことでしょう。
口下手な父親の気持ちを察するには、やはり娘のほうから積極的に相談していくべきかもしれません。

母親の遺品の整理は娘にとっても辛いことですが、それを毎日目にしている父親からすればとても辛いことかもしれません。

「そろそろ母さんの荷物 どうする?」
そんな一言から娘と父親の意思疎通が始まります。

ましてこれからどんどん歳を重ねていく父親にとって実家の荷物を減らしていくことは安全な老後の生活の確保にもなります。
物で溢れかえっている実家は高齢者にはとても危険な場所なのです。
ですから、母親の遺品整理も娘が中心になってお紺場う必要があります。
残されたお父さんにとっては泣かなかできないことでもありますからね
親の遺品 捨てられない

投稿日:
カテゴリー: 未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です